丁寧でわかりやすい説明を元にレンタルオフィスを東京で借りる

東京でレンタルオフィスを借りようと思うのであれば、まずは、インターネットなどで情報を集めましょう。立地条件や広さ、必要な設備などを検索して、自分の条件に合ったところを数か所絞り込んでいきます。いくつかに絞り込んでいったら、実際に問い合わせをして、もし空室があるなら見せてもらいましょう。実際に見てみることで、使い勝手や雰囲気などを理解することができます。借りるオフィスを決める際には、費用を始めとして立地条件や設備など、さまざまなポイントをチェックしていきます。いくつかの条件があるなら、自分にとって譲れない条件は何か、優先順位を決めていくことも大切です。借り手の側からだけの視点で決めるのではなく、例えば顧客を招いて会議を行う可能性があるなら顧客側の視点に立つことも大切です。

東京でレンタルオフィスを借りるための手続き

借りたいオフィスが決まりましたら、手続きを始めます。通常は、申込書などを提出することとなります。法人として契約する場合には、さまざまな書類が必要です。会社案内や印鑑証明書、謄本などは基本的なものとして挙げられます。個人で契約する場合は、印鑑証明書、事業概要書、身分証明書、住民票などが必要です。これらの書類を提出した後に、その人にオフィスをレンタルしても良いかどうかを業者は審査します。その審査にかかる時間は、大体1日か2日となります。審査が無事終了した後は、契約書を交わすこととなります。契約書に署名して捺印した後、初期手数料や利用料の支払いを行います。その後、鍵を受け取って利用することができるようになります。入居審査費や契約事務手数料などが必要になる場合もあります。

東京でレンタルオフィスを借りる際に気を付けるべきこと

利用料金は基本料金とオプション料金に分かれています。どのオフィスをレンタルするかを決める際に、基本料金にどんなものが含まれているのか、またそのクオリティはどのようなものかを精査する必要があります。必要なものを色々オプションで付けていった結果、普通に賃貸で借りるよりも賃料が高くなってしまうというケースも無い訳ではありません。そのため、借りる側からすると、基本料金にさまざまなものが含まれているオフィスをレンタルするのがお得ということになります。また、基本料金の中に含まれるOA機器などのランクやレベルがあまりに低いものであると、実質的に使えないという事態になることもありますので、そのようなことを避けるためにも借りる前には見学をして、設備などについて確かめることが大切なポイントとなります。